女性ホルモン サプリメント

女性ホルモンを増やすサプリメント!

 ・お肌のたるみや乾燥が気になる
 ・疲れやすくなった
 ・ホルモンバランスが崩れている気がする
 ・気分が落ち込むことが多い
 ・髪のハリがなくなってきた

 

 

こんな症状を感じる方は、女性ホルモンが減少してきているのかもしれません。女性ホルモンを増やすためには、マカやチェストツリー、イソフラボンなどを摂るのが効果的です。

 

このサイトでは、そんなマカやチェストツリー・イソフラボンなどを効果的に摂れるサプリメントをランキング形式にてご紹介しています。

 

 

 

マカ・プラセンタの特徴

マカ・プラセンタは、マカとプラセンタで女性ホルモンをUPくれるサプリメントです。南米ペルーでは完全食ともいわれているマカには、必須アミノ酸やミネラルが豊富で、体のバランスを整えてくれます。また美容に嬉しいプラセンタも配合。1日2粒のなかに、高品質マカと高濃度プラセンタを詰めこみました。長く続けていきやすい1日あたり約132円(毎月1袋の定期コース)。疲れが顔やお肌に出るのが気になる方に、おすすめのサプリメントです。

価格 500円
評価 評価5
備考 プラセンタ配合

 

フルミーマカの特徴

フルミーマカは、マカのちからで女性ホルモンを増やしてくれるサプリメントです。一般的なものより有効成分が10倍以上含まれる国産マカを100%使用しています。さらにアミノ酸とコラーゲン・ヒアルロン酸含有の卵殻膜パウダーも配合。飲みやすい無臭のソフトカプセルで1日3粒。毎月のリズムの乱れが気になる方におすすめのサプリメントです。

価格 2,980円
評価 評価4
備考 国産マカ100%

 

女性のみかたの特徴

女性のみかたは、ハーブのちからで女性ホルモンを整えてくれるサプリメントです。チェストツリー40r配合で、ホルモンバランスを整えむくみや肌荒れなど体の症状を緩和してくれる「すこやか編」。月見草オイル330rやイソフラボン20r配合で、イライラや欝々など心の症状を緩和してくれる「やすらぎ編」。1日各2粒で女性ホルモンを整え、すこやかな毎日にしてくれます。ホルモンバランスが崩れていると気になる方におすすめのサプリです。

価格 980円
評価 評価3
備考 ハーブの要素配合

 

 

女性ホルモンが「崩れる」って?

 

<女性ホルモンとは?>
女性ホルモンとは女性の体に多く存在している物質であり、女性特有の器官を機能させるために必要なものです。女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の二つに分類されます。

 

通常この二つのホルモンの分泌量はバランスよく保たれています。バランスが取れていると体やお肌の調子が整えられ、健康の良い状態になります。しかしこのバランスが崩れると体の調子が悪くなったり、お肌が荒れたりしてしまうので、女性ホルモンのバランスを正常に保つことはとても重要なことなのです。

 

<エストロゲンとプロゲステロン>
エストロゲンは生理終了頃から増え始めるホルモンです。エストロゲンがよく分泌されている時期は、お肌が潤っていたり、髪につやが増えたり、代謝が上がるのでダイエットに効果的だったり、美容に嬉しいことにたくさん働きかけてくれます。

 

プロゲステロンは排卵期頃から分泌が増え、生理終了頃で減り始めます。妊娠の準備をするためのホルモンで、体内に水分を溜め込んだり、肌の表面の皮脂を増やす働きをします。ふたつのホルモンはバランスよく分泌さっれば、体の不調が起きてもそれほど深刻ではありません。

 

しかし、どちらかの分泌が少なかったり、逆に多すぎたりしてしまうと、不調がどんどん悪化してしまうんですね。ホルモンバランスの乱れの早期発見は生理の状態の変化をみることがカギです。周期が乱れていないか、経血がとても多かったり、逆に少なすぎないか、生理痛が重たくないかなどです。

 

ホルモンバランスを整えたり、バランスを維持するためにできることを見付けたいですよね!どんなことができるのでしょうか?

 

<ホルモンバランスの維持のために!>
ホルモンバランスの乱れに大きくかかわっているのはストレスです。女性ホルモンの生産を指令する脳の視床下部は、ストレスの影響を強く受けます。他にも睡眠不足で脳が疲れていたり、不摂生で女性ホルモンを生産するための栄養素が足りていないことも原因です。

 

できればストレスを溜めこまない生活が好ましいですが、ストレスをうまく解消できる方法を見付けてうまく利用するのがよいですねそして規則正しい生活への見直しによって、バランスの乱れは改善され、美容と健康に良い影響をもたらすでしょう。

 

女性ホルモンと一生を通して付き合うということ

 

<エストロゲンとプロゲステロンが交代で分泌される>
女性器を司る女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類に分類することができます。エストロゲンとは卵巣の中の卵胞を育てるホルモンです。このホルモンが分泌されている時はお肌の調子が整い、紙につやが表れ女性らしいキレイな体にしてくれる作用が期待できます。

 

生理終了頃から分泌が増え、排卵期頃から減ります。入れ替わるようにして、排卵期頃から生理終了頃までにかけて、プロゲステロンが分泌され始めます。主に子宮内膜を厚くして妊娠の準備をするホルモンです。妊娠すると、赤ちゃんが育ちやすいように子宮内の環境を整える働きもします。皮脂分泌を増やすのでお肌の調子が崩れやすく、水分を溜め込む作用があり浮腫みやすくなるのはプロゲステロンの影響です。

 

 

<女性の生涯と女性ホルモン>
エストロゲンとプロゲステロンは交代で分泌され、それぞれの働きがあります。この二つがバランスよく分泌されることは、普段の生理において重要なことです。また、妊娠や出産においても、ホルモンバランスの変化による影響を強く受けますし、女性の体は生涯において女性ホルモンとの付き合いのもと、様々なことを乗り越えていくと言えます。

 

思春期、女性らしい体への発達のために女性ホルモンのひとつエストロゲンは働きかけます。胸が膨らんできたり、丸みを帯びた女性らしい体系に成長していきます。将来の妊娠・出産のために子宮などが発達、初潮を迎え、安定した月経にするよう働きかけをします。このように思春期では妊娠に必要な体作りがされていきます。

 

それから妊娠や出産を迎えるとホルモンの動きが変化します。40代〜50代頃にはホルモンの分泌が少なくなり、やがて月経がなくなる閉経を迎えます。このように、生涯の半分ほどを女性ホルモンほ働きとともに過ごすのが女性の体です。ホルモンバランスの変化によって引き起こされる症状は時には辛いものかもしれませんが、基本的にその変化は女性の体のために必要な動きであることがほとんどというわけですね。

 

 

 

更新履歴